テレビの中でバラエティ番組をあまり見なくなった経緯とニュース番組をもっと増やして欲しいということを書きました。

テレビでバラエティ番組を視聴しよう!
テレビでバラエティ番組を視聴しよう!

テレビは、もっとニュース番組を増やしてほしいです。

最近、テレビを見ていません。見たくても見れないのではなく、見る理由がないのです。つまり、テレビが楽しくないから見ないのです。思えば、年齢を重ねるごとにテレビを見なくなっていったような気がします。特にバラエティ番組を見ることが極端に少なくなりました。小学生の時は、話題になっている芸人が多く登場するバラエティ番組を見ていた記憶があります。しかし、中学生や高校生になった時には全くと言っていいほどバラエティ番組を見ることがなくなりました。理由は、毎回同じような出演芸人で、内容や演出も繰り返しで変わらず飽きるからです。

代わりに、ニュース番組を見ることが増えました。現在、唯一見ている番組がニュース番組というぐらいにです。やはり、大人になっていって経済や政治などのニュースを視覚的に、分かりやすく、そして客観的に知りたいと思ったからだと思います。新聞も読むようにはなりましたが、テレビのニュース番組のように頻繁に目を通すわけではありません。それは文章を読むのが苦手な自分にとって、情報を得る手段として新聞よりもニュース番組の方が合っているからだと思います。

こうして考えてみたときに、ニュース番組を見る機会が増えたにもかかわらずテレビを視聴する時間全体の量が昔よりも減っているということは、バラエティ番組がテレビの放送時間の中で占める割合がニュース番組よりも多いということだと分かります。芸人同士のおしゃべりも良いのかもしれませんが、全世代にとって大切なニュース番組をもっと増やしてほしいです。

関連情報