4Kテレビは、現在の主流であるフルHDテレビの4倍の画素数で映像を楽しむことができるという特徴を持っています。

テレビでバラエティ番組を視聴しよう!
テレビでバラエティ番組を視聴しよう!

4Kテレビの特徴と楽しみ方

最近、話題になっている4Kテレビとは、どのようなものなのでしょうか。この4Kテレビとは、現在、主流のフルHDテレビに比べて、4倍も高精細な画像を映し出すことができるテレビです。具体的には画像を構成している画素数が「4000×2000」存在し、その密度が従来の4倍になるので、ツブツブ感のない滑らかな映像を映し出すことができます。家庭用の4Kテレビは、2011年に国内メーカーが世界で最初に販売しましたが、かなりの値段がしたため、話題性のみで具体的な普及はあまりしませんでした。

しかし、その後の技術革新によってさらに高画質化、そして低価格化が進み、国内の各メーカーが40型〜84型の製品を次々と発売し、徐々に一般家庭への普及も現実味を帯びてきました。その一番の魅力は、なんといっても画像の美しさです。特にテレビは画面が大きくなればなるほど、画素の粗さが目立ってしまいますが、4Kテレビなら大型のものでも、画面のツブツブが目立たない快適な視聴を可能にしてくれます。また、現在のテレビ放送やブルーレイはフルHD未満の解像度である2Kが主流ですが、4Kテレビは、2Kの映像も4Kに変換できる機能を持っているため、テレビの番組やレンタルしてきたブルーレイソフトなどを、より美しく鑑賞できるという楽しみ方もあります。