大人のテレビ離れの半面、子供はDVDなども含め映像などに触れる依存があり、それによる影響を紹介。

テレビでバラエティ番組を視聴しよう!
テレビでバラエティ番組を視聴しよう!

大人のテレビ離れと子供のテレビ依存

インターネットの普及により、スマートフォンやタブレットなどの媒体を通して大人のテレビ離れが言われています。ニュースなどのサイトを見ても、ある事に特化した映像がアップロードされていて、わざわざニュースを見る必要もありません。探したい情報は検索サイトで検索すればいくらでも情報が得られます。一方、子供に対してはDVDや録画した番組の閲覧など映像と触れ合う時間が増え、スマートフォンを渡せば外出先でもゲームをしたり、依存している状況になっています。これらは目はもちろん、自立にも影響があります。

テレビなどの映像に依存することは悪いことではなく、もちろんいい影響もあります。例えば教育番組を見て、一緒に歌ったり踊ったりして、好きなキャラクターのショーなどに行くと一生懸命はしゃぐ姿は良いものです。大人が子供に時間を決めて見せるという約束を決めれば、テレビはとてもいい影響となる媒体です。

また、ドラマや映画などみたい番組を録り溜めて最終回まで見るというのも楽しく、それができる現在の録画機器の技術進歩は著しく、媒体も安く手に入るので大人も子供も好きな番組を見ているというのも依存の一つと言えます。これによって深夜まで起きている状況や夜でも明るい状況が続き、寝不足の原因となることもあるので、時間を決めて見ることが大切です。

関連情報