テレビはインターネットに押されている感は否めませんが、未だにメディアのトップであると言えなくもないのです。

テレビでバラエティ番組を視聴しよう!
テレビでバラエティ番組を視聴しよう!

テレビは今でもメディアの中心的存在です

私たちが利用しているメディアと言えば、新聞、ラジオ、テレビ、インターネットと進化してきました。こうして進化する度に情報量が増え、私たちは短時間で多くの情報が手に入るようになってきました。今現在最も多く利用されているメディアと言えば、インターネットで間違いはないと言えます。インターネットは他のメディアとは違う、大きな特長を有しています。それは双方向性と言う事です。今までのメディアは情報提供者から情報受給者と言う一方通行だったのです。所がインターネットは情報を受け取る側から情報提供者側に情報を求めることが出来るのです。ですからいつでも欲しい情報が入手できるのです。

しかしインターネットはまだまだ全ての人が使えるメディアではないと言えます。インターネットの普及によって、かつてのメディアのトップだったテレビの影がだいぶ薄くなって来てしまっていますが、まだまだテレビがメディアのトップと言えなくもないのです。テレビはインターネットと違って、普及率が限りなく100パーセントに近くなっています。ですから誰でも使えるメディアとして、情報を手に入れるにはちょうど良い物となっています。更にテレビの良い所と言えば、いつでも動画が見られると言う事です。確かにインターネットでも動画が見られますが、テレビほどではないと言えます。またテレビは大きなニュースがあると直ぐに画面が切り替わって知らせてくれますから、緊急時に大きな役割を果たしてくれます。